タイにはまったプアンの物語


by vrnu6g2wwk

カテゴリ:未分類( 72 )

 JR福知山線脱線事故で、JR西日本は13日、事故の遺族らでつくる「賠償交渉の会」の請求への回答を提示した。同会が設置を求めていた公共交通機関の安全を研究する施設について前向きな姿勢をみせたものの、遺族の生活再建も含めた賠償については難色を示した。

 同会は今年3月、事故を起こした社会的責任への賠償として、有識者や被害者らがJR西の安全対策を点検する第三者機関や、公共交通機関の安全性を検証する施設の設置などを請求。個々の遺族への賠償については、交通事故などを参考にしたこれまでの賠償基準ではなく、生活再建や老後の補償などを含めた最低額を提示していた。

 この日行われた同会との交渉で、JR西は「有識者らが意見を交わす場の設置に向け、今後検討していく」と回答。しかし、個別の賠償については、すでに補償交渉を終えた被害者がいることも踏まえ、従来通りの姿勢で臨む方針を改めて示した。

 交渉は兵庫県伊丹市のホテルで、非公開で実施。同会からは遺族ら約40人が参加した。

【関連記事】
脱線教訓…JR西の新型車両、初の試験走行で部品脱落
JR西、福知山線脱線事故当時の会長が退職 社外取締役2氏も交代
【News解説】脱線事故教訓「安全策すべて詰め込む」
脱線教訓生かし安全重視 JR西「225系」公開
「問題は感じていたが…」 “井手商店”を引き継いだJR西元社長の反省の弁

民家全焼78歳男性?死亡 兵庫・伊丹(産経新聞)
<ひき逃げ容疑>76歳女性死亡、52歳男逮捕 千葉県警(毎日新聞)
<菅内閣>攻め手欠く野党 焦りも(毎日新聞)
「ザ・コーヴ」上映中止で反対声明(時事通信)
<口蹄疫>宮崎など3市、埋却作業終了(毎日新聞)
[PR]
by vrnu6g2wwk | 2010-06-15 10:24
 政府の児童ポルノ排除総合対策をめぐり、日本ユニセフ協会大使でタレントのアグネス・チャンさんが27日、都内で会見した。「インターネットを通じて被害が広がっている」と話し、ネット上の児童ポルノ画像への接続を遮断するブロッキングの早期実現などを訴えた。
 アグネスさんは会見後、中井洽国家公安委員長や千葉景子法相らを訪問。児童ポルノ根絶に向け、徹底した取り締まりを訴えるとともに、早期に児童買春・児童ポルノ禁止法を改正し、違法画像の単純所持も禁止するように求めた。 

【関連ニュース】
国内サーバーも遮断=画像発見後、速やかに
「出会い喫茶」規制へ=風営法見直し、「類似ラブホ」も
巡査長が児童買春容疑=書類送検、15歳少女と
都条例改正に漫画家ら反対声明
少女12人の裸撮影=英会話教室経営の米国人追送検

「精神医療に推進力ある枠組みを」―厚労省検討チームが初会合(医療介護CBニュース)
<ワニのような生き物>住宅地路上に巨大トカゲの死骸 ペットを捨てる? 札幌(毎日新聞)
混雑に一苦労…メーンバンクの窓口、どの程度行く?(産経新聞)
妻の7割近くが不快感 30代夫のにおい「古くなった油」?(産経新聞)
SS代表が監視船侵入を提案…元船長初公判(読売新聞)
[PR]
by vrnu6g2wwk | 2010-06-02 08:27
 25日午前10時35分ごろ、新潟県村上市蒲萄(ぶどう)の国道7号脇にある車のUターン場所の側溝に、人間の両脚があるのを、車で通りかかった神奈川県の男性会社員(58)が見つけ、110番した。新潟県警は死体遺棄事件として捜査を始めた。

 県警捜査1課によると、両脚はひざ付近で切断されており、側溝に沿って平行に並んでいた。大人のものとみられ、性別は分かっていない。靴下や靴などは身につけていなかった。近くには布で包まれた塊が見つかり、中身を確認している。

 現場は山形県境に近い山の中で、周辺に住宅などはほとんどない。側溝は、冬季の除雪車などがUターンできるよう道路東側に設けられたスペースの一番奥にあり、幅・深さともに30〜40センチ。水はほとんど流れていなかった。【畠山哲郎】

【関連ニュース】
鶴見川女性遺体:いかりで沈める 遺棄容疑で捜査
遺体発見:身元不明の女性、袋に入れられ 横浜の鶴見川に
男性遺体:死因は脳の損傷 事故の可能性も…愛知・半田
死体遺棄:草むらに男性遺体 愛知・半田
御殿場女性遺体:元夫の暴力、2月に児相に相談

<真夏日>群馬・館林で33.4度…全国102地点で記録(毎日新聞)
<キツネ>空き家の床下に親子 茨城・坂東(毎日新聞)
個人情報記録のディスク紛失=相談者ら97人分入力―広島法務局(時事通信)
<愛知・豊川の家族5人殺傷>長男「悪いことをしてしまった」と反省 地検支部、鑑定留置(毎日新聞)
首相、外相らと対応協議…韓国艦沈没(読売新聞)
[PR]
by vrnu6g2wwk | 2010-05-27 12:56
 「日本に帰りたい」。そのひと言から北朝鮮の強制収容所に送られ、劣悪な環境の中、人知れず死んでいった日本人が何人もいたという。在日朝鮮人の夫らとともに北朝鮮に渡った日本人妻たちだ。収容所を体験した脱北者が12日、北朝鮮の強制収容所問題に取り組むNPOが開いた集会で収容所内の日本人妻たちの実態を証言した。(桜井紀雄)

                   ◇

 ≪高い死亡率≫

 「約20人の日本人妻を知っているが、生き残ったのは3、4人。日本との環境の落差と栄養失調から収容者の中でも日本人妻の死亡率は非常に高かった」

 北朝鮮の政治犯収容所のひとつ、耀徳(ヨドク)収容所に10年間収容され、脱北した姜哲煥(カン・チョルファン)氏(41)は集会でこう語った。姜氏の祖父が元在日朝鮮人で、スパイの疑いをかけられ、1977年に一家そろって収容された。

 姜氏が収容された当時、収容所内には、元在日朝鮮人と日本人妻計約5千人が暮らす集落が形成されていたという。「バラバラにすると、別の収容者に日本の生活ぶりを話すために悪い影響を与えると判断されたようだ」

 姜氏が知る日本人妻の一人は、栄養状態の悪さから歯がかけ、足腰を壊していた。食べるものがなく、ドングリばかりを食べていたため、口の中が真っ黒に変色していたが、ある日突然、看守から歯を磨くように命じられ、釈放された。

 女性の父親が膨大な遺産を残していたことが判明したため、釈放して遺産を受け取らせるためだったが、遺産の大半はその後、当局に没収されたという。

 「彼女は幸運なケース。縁故のない日本人妻は人間扱いされなかった」

 ≪嘆願運動で≫

 「日本に帰らせてほしい」と嘆願運動をしたため収容された日本人妻もいた。「彼女は運動の末端だったため、収容されたが、呼びかけた人たちは処刑されたと聞いている」と姜氏。体制に都合が悪いと、北朝鮮当局は日本人でも平然と殺していった実態が浮かび上がる。

 姜氏によると、在日朝鮮人の夫とともに北朝鮮に渡った日本人妻は約1千人。「当初は優遇されたが、故金日成主席を呼び捨てにしたりするため、体制を揺るがす要因とされ、多くが収容所に送られた」という。

 集会は衆院第1議員会館で開催。会場には国会議員10人も顔を見せたが、約2時間の集会の最後まで残っていた議員はいなかった。

                   ◇

 ■日本人妻ら2割を収容か

 北朝鮮の強制収容所の中でも特に人権抑圧が深刻なのが、政治体制を批判したり、不満を漏らした者とその家族が収容される政治犯収容所だ。

 韓国の国家人権委員会が今年1月公表した脱北者への実態調査によると、現在6カ所あり、約20万人が収容されている。刑期を終えると釈放される耀徳収容所を除く5カ所は生きて出られない終身収容所。殴る、けるや女性への暴行が日常的に繰り返されるほか、妊産婦らの銃殺まで行われているという。収容所にはこのほか、罪を犯した者が収容される「教化所」や脱北しようとした者に強制労働させる「労働鍛錬隊」などがある。

 今回の集会を主催したNPO「NO FENCE」(北朝鮮強制収容所をなくすアクションの会)は、日本から渡った元在日朝鮮人約10万人や日本人妻の2割が収容所に入れられていると推定している。

【関連記事】
北朝鮮の恐るべき人権侵害の実態 脱北者が証言
金総書記を裁判にかける日は来るのか
北vs脱北者 激しい諜報戦 中朝国境携帯で情報流出
脱北者を救援、中国で獄中生活送った日本人の思い
日本人脱北支援者がノンフィクション刊行 飢餓からの逃避行、詳細に
少子化を止めろ!

長岡京市の夫婦刺殺事件 長女の夫を逮捕(産経新聞)
谷亮子の「五輪、子育て、議員」 「3足のわらじ」に批判相次ぐ(J-CASTニュース)
田島みわ氏が三社祭で始動(スポーツ報知)
お仙を泣かせてみる? 新一筆啓上賞、今年のテーマは「涙」(産経新聞)
千葉の殺人放火 犯人は乗用車で逃走か(産経新聞)
[PR]
by vrnu6g2wwk | 2010-05-18 16:22
 8日午後5時ごろ、長野県下諏訪町の諏訪大社下社で開かれている御柱祭で、高さ約17メートルの柱を垂直に立てる「建て御柱」の最中、柱に乗っていた氏子の男性3人が十数メートル下の地面に落下した。県警諏訪署によると、3人のうち、同県岡谷市の増沢徳寿(のりとし)さん(45)と同市加茂町4の平田和也さん(33)が頭などを打ち死亡。1人が軽傷。他に1人が軽傷を負ったとの情報もあり、同署が詳しい状況を調べている。

 建て御柱は保管場所から境内へ柱を運び、複数のワイヤやロープで引くなどして垂直に立てる儀式。県警や祭りの参加者らによると、ワイヤ1本が切れて柱がぐらつき、3人はバランスを崩して落ちたらしい。命綱を付けていなかった人もいた模様。また周囲にいた1人に切れたワイヤが当たり軽傷との情報もある。

 諏訪大社の御柱祭は6年(数えで7年)に1度行われる。8日は最終盤の見ものである下社「里曳(さとび)き」の初日で、多くの見物客が見守る中、1本目の「春宮一」の柱を立てていた。

 県内外の関連神社でも御柱祭は行われており、4月には同県千曲市の神社で、建て御柱の最中に柱が突然倒れ、氏子の男性4人が巻き込まれて会社員(38)が死亡、3人が重軽傷を負った。【武田博仁、大平明日香】

【関連ニュース】
御柱祭り:神事中に柱倒れる 氏子4人死傷 長野・千曲
木落とし:急坂に熱狂 諏訪大社
御柱祭:氏子1万人が「よいさっ」 長野・諏訪地方で開幕
諏訪大社御柱祭:豪快「木落とし」−−長野
御柱祭:氏子1万人が「よいさっ」 長野・諏訪地方で開幕

<ジェットスキー事故>3人心肺停止、女性1人不明 利根川(毎日新聞)
小沢氏、不気味な沈黙 党内反対勢力と“全面対決”も(産経新聞)
<普天間移設>首相、辺野古・徳之島案を明言 名護市長拒否(毎日新聞)
新橋演舞場に櫓=歌舞伎公演の新拠点−東京(時事通信)
<雑記帳>「こち亀」キャラの銅像散策マップ完成 無料配布(毎日新聞)
[PR]
by vrnu6g2wwk | 2010-05-10 23:31
 宮崎県と農林水産省は23日、同県都農(つの)町と川南町の畜産農家で、口蹄疫(こうていえき)に感染した疑いの強い牛や水牛が見つかったと発表した。5例目と6例目で、県は今後、飼育されている豚も含め計119頭を24日以降に殺処分する。

 5例目は川南町の農家(75頭)で、口の中にかいようなどの症状があった3頭を調べたところ、1頭が疑似患畜とされた。6例目は都農町の農家(水牛42頭、豚2頭)で、水牛3頭のうち1頭の感染可能性が高まった。

 これまでに疑いが出た6軒の農家は、いずれも1例目の発生場所から半径10キロ以内の移動制限区域。県は26日から県内すべての家畜舎の消毒を実施する予定。【小原擁】

【関連ニュース】
口蹄疫:感染疑いの牛、新たに2頭発見 計14頭に 宮崎
口蹄疫:宮崎の牛、疑い新たに3頭 計12頭に
口蹄疫:宮崎で牛3頭感染の疑い 牛・豚の移動自粛要請
口蹄疫:さらに6頭に感染の疑い 宮崎
口蹄疫:1週間さかのぼり調査へ 農水省

共産党トップと駐日米大使、初の公式会談(読売新聞)
情報公開法改正に着手=枝野行政刷新相が私案(時事通信)
求む先生、競走率高い県で1次突破なら筆記免除(読売新聞)
官房長官との面会、徳之島3町長が拒否(読売新聞)
わずか4日で党首交代 幸福実現党(産経新聞)
[PR]
by vrnu6g2wwk | 2010-04-24 07:38
 仙台市の派遣社員赤坂貴志さん=当時(29)=が自殺したのは長時間労働と恒常的な夜勤が原因として、母優子さん(57)が派遣先の佐川急便(京都市)と派遣元の羽田タートルサービス(東京都大田区)を相手に計約9300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、仙台地裁(足立謙三裁判長)は20日、請求を棄却した。
 足立裁判長は、自殺直前に訴えていた体調不良は内科的なもので、原告側が主張するうつ病ではないと指摘。体調不良について「業務起因性は認められない」とした。
 訴状などによると、赤坂さんは羽田社に入社後、2000年7月に佐川急便東北支社に派遣され宅配荷物の仕分けに従事していたが、06年3月に自宅で首をつり自殺した。亡くなるまでの5年間の月平均残業時間は約100時間で、亡くなった3月には十二指腸潰瘍(かいよう)と診断された。
 優子さんは06年12月、仙台労働基準監督署に労災申請したものの不支給決定処分を受けた。しかし、厚生労働省労働保険審査会は昨年7月、処分を取り消し労災を認める裁決をした。
 佐川急便広報部の話 当社の主張が認められたと考えている。 

自民、選挙運動のネット解禁へ公選法改正案(読売新聞)
TOSHIが関係していたホームオブハートと元参加者が和解(産経新聞)
知的障害児施設で虐待、身体拘束など441件(読売新聞)
<愛知5人殺傷>容疑の長男、以前からトラブル(毎日新聞)
<子ども手当>「全額現金支給」厚労相が見解(毎日新聞)
[PR]
by vrnu6g2wwk | 2010-04-21 16:09
■閉塞打破に期待の産経 朝日など4紙は冷ややか

 平沼赳夫元経済産業相(70)や与謝野馨元財務相(71)らが新党「たちあがれ日本」を結党した。「打倒民主党」「日本復活」などを「使命」とした活動に取り組むという。

 今回の検証ではまず、各紙社説の書き出しのフレーズに注目しながら、それぞれがこの新党結党にどのような評価を与えているかを読み取ってみたい。

 産経は「日本が没落する姿を黙って見てはいられない」と、新党に参加する議員の危機感を紹介するとともに、「国益を損なっている鳩山政権と真っ向から対決しようという新たな政治グループが誕生したことの意味は大きい」と論じた。新党への期待感を明らかにしたものだが、日本政治の行き詰まりをいかに打開するかという問題意識を共有しているともいえる。

 「民主、自民の2大政党が招いた政治の閉塞(へいそく)感に対する危機意識を、前面に打ち出した新党だ」との読売の書き出しでも、行間には新党への一定の評価が浮かび上がっている。

 一方、これら2紙を除く各紙はともに、冷ややかな一言を投げつけていた。「何とも心躍らぬ新党の船出」(朝日)、「メッセージがどれだけ国民に伝わっただろう」(毎日)、「高揚感なき、新党の船出」(日経)といった具合である。

 掲載日の遅かった東京は、他紙のフレーズを巧みに取り込み、「『高揚感がない』『心が躍らない』。『たちあがれ日本』に対する論評は、新党にしては散々だ」とした。余談ながらこのような社説の書き方もあるのか、と感じ入った次第だ。

 新党の参加メンバーがいずれも高年齢である点についても朝日は「新しい時代を切り開く清新さは感じとれない」、毎日は「新鮮ではつらつとしたイメージを与えたとは言い難い」と批判的な見方を示す。しかし産経は「高齢であることを理由に揶揄(やゆ)する向きもあるが、現在の政治の閉塞状況打破に期待したい。『日本復活』に政治生命をかけるという決断と心意気を無駄にしてはならない」と、政界の意気軒高なシルバー世代にむしろエールを送った。

 さらに…朝日、毎日は新党が誕生したこと自体も、「政党乱立」の弊害へとつなげる。朝日はかつての新党乱立を顧みて「それが有権者の深刻な政党離れを招いた記憶はまだ生々しい」と懸念を訴え、毎日も「乱立が逆に有権者の幻滅を招くことになってはならない」と警告した。日経は「新党をつくるだけでは支持が広がらないことは明らかだろう」としつつ、「政策の旗印が重要」と結論づけた。

 自主憲法制定や税制改革について朝日と東京は口をそろえて、平沼・与謝野両氏の「持論をつなぎ合わせた」だけだと切って捨てた。対して読売は与謝野氏の消費税率引き上げ論について「あえて国民に負担を求める増税に言及したのは、責任ある態度といえる」と褒めた。

 産経は自主憲法制定、財政危機の克服など現下の諸問題を挙げたうえで、「いずれも党派を超えて政治が取り組むべき課題といえるものだ」とし、新党が政界全体に発信力を及ぼすことへの期待を表明した。

 いずれにせよ今回の一連の動きは、新党「たちあがれ日本」だけにとどまる話ではあるまい。産経が「自民党や民主党に所属する議員が今の政治の流れを変えようと、どこまで真剣に考え、行動するかである」と書くように、二大政党に課題が突きつけられたともいえる。

 朝日もこの点に関しては同じ視座に立っているとみられ、社説を次のように結んでいる。「『たちあがれ』の言葉は、両党にこそ贈りたい」。いや、すべての政治家に贈りたい言葉ではある。(清湖口敏)

 ■平沼・与謝野新党旗揚げをうけた各社の社説    

 産経

 ・日本没落の危機感共有を (11日付)

 朝日

 ・民主、自民にそう言いたい(11日付)

 毎日

 ・「立ち上がった先」を語れ(11日付)

 読売

 ・政界再編の種火になれるか(11日付)

 日経

 ・新党はたちあがったが… (11日付)

 東京

 ・民・自こそ立ち上がれ  (13日付)

【関連記事】
第2の“アサヒる”?天声人語に「与謝野る」登場も何?
与謝野“ゾンビ議員”汚名返上へ、参院くら替え出馬か!?
「たちあがれ日本」がネットで好評?
【鳩山政権考】「平沼・与謝野新党」の長い歴史
参院選後「政界再編ビッグチャンス」 みんなの党・渡辺代表

<自民党>谷垣総裁が近く「ツイッター」開始 ぼやき先行も(毎日新聞)
舛添氏はがん細胞!自民党内から批判噴出(スポーツ報知)
<カンヌ映画祭>北野武監督の新作出品(毎日新聞)
あのSFやファンタジー小説はこんな環境で書かれた…著名作家たちの書斎いろいろ
高齢ドライバーらの専用駐車区間、19日から導入(医療介護CBニュース)
[PR]
by vrnu6g2wwk | 2010-04-19 19:35
 タイのバンコクで10日夜、首相の退陣を求めるデモ隊と治安部隊が衝突し、多数の死傷者が出た事件で、銃撃され死亡したロイター通信日本支局カメラマン村本博之さん(43)の遺族が11日午後6時過ぎ、成田空港からバンコクに向けて出発した。

 ロイター通信によると、現地に向かったのは、村本さんの両親と妻、小学生の娘2人の計5人。同支局の社員が付き添い、現地で村本さんの遺体と対面するという。村本さんの葬儀の予定などは未定としている。

<国民新党>11兆円超の追加経済対策を要請(毎日新聞)
<使い捨てライター>業界団体がCRの義務づけを支持(毎日新聞)
ポーランド大統領事故死 「追悼70年の旅」悲劇 選挙繰り上げ実施(産経新聞)
<河村名古屋市長>応援団長に俳優の菅原文太さん(毎日新聞)
大阪の小3ひき逃げ、70歳を逮捕 家族にうながされ出頭(産経新聞)
[PR]
by vrnu6g2wwk | 2010-04-12 18:59
 宇土市長(熊本県)選は元市職員の元松茂樹氏(45)が初当選。現職の田口信夫氏(74)▽元市議会議長の浜口多美雄氏(59)を破る。投票率は69.68%。

 ▽確定得票数次の通り。

当 9737 元松 茂樹=無新<1>[民][社][国]

  8930 田口 信夫=無現(3)

  2313 浜口多美雄=無新

奨学金・公営住宅見直し 大阪府、財政再建へ6事業(産経新聞)
<宇土市長選>元市職員の元松氏、現職ら破り初当選 熊本(毎日新聞)
スーツケース遺体 出頭の男逮捕、女性遺棄容疑で 金沢(毎日新聞)
送り主とのトラブルなし 日本医師会あて鉢植え発火(産経新聞)
海砂採取業者を告発=1億円余脱税容疑−福岡国税局(時事通信)
[PR]
by vrnu6g2wwk | 2010-04-07 16:17